×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

引越しの料金を抑えるためには相場を知れ!見積もりを取って相場を調べる!

沢山ある引越しサービス業者はテレビコマーシャルでお馴染みの大手から単身者の引越しに特化したような軽貨物引越し業者まで様々です。売りにしているサービスプランや特徴が引越し業者によって全然違うため、料金だけで比較することは難しく、更に引越しの料金は荷物の量や引越しする距離以外にも、エレベーターの有無や車が駐める事が出来る道路があるかどうか等、様々な要因で変動します。ですから引越しの見積もりは相場を知るために絶対に必要なことで、サービスプランなどをまずは料金で比較して、そこからその会社が売りにしている部分を比較検討する事で明確になりますね。それが無いまま業者を決めてしまうと、思わぬ落とし穴に落ちる可能性があるので十分に注意してくださいね。

自分で出来る事は自分でする

引越し業者によっては荷造りを手伝ってくれるサービスを提供していたり、様々なオプションが用意されていますが、そもそも引越しの荷造りは自分のプライベートな内面をさらけ出す事になるわけです。引越しの見積もり相場を調べる際にイロイロな提案があるかと思いますが、基本的には自分で出来る事は出来るだけ自分でする事をお勧めします。慣れていないとやってほしいと思う気持ちはわかりますが、やはり自分で出来る範囲はやってみて、出来ない部分を補う物であるという認識は必要でしょうね。

初めての引越しだと相場が解らない?

では、何故引越しの見積もり相場を知らないまま契約すると落とし穴に落ちる可能性があるのでしょうか?それは、引越し業者として社員教育をしっかりとしてサービスを充実している大手は宣伝費などの経費も掛かっていますし、社員しかスタッフとして来ないという理由から、比較的料金が高めに設定されています。一方で、中小の引越し業者になればなるほど教育は比較的行き届いていない場合が多く、繁忙期などで人手が足りないとその日始めてのアルバイトスタッフなどが来る場合があるわけです。大切な荷物が落とされて破損したり、態度が悪かったりと、料金が比較的安く設定されている分クレームも多くなる傾向があります。もちろんそういった業者ばかりではないのですが、引越しをしてトラブルになる原因の多くは、スタッフの態度や荷物の破損、時間に遅れたり後になって見積料金と請求金額が違うなどを占めているため、安心を売りにしている大手業者に依頼した方が結果的に良かったなんて言うことも起こりうるわけですね。

部屋を決める段階で引越し料金も計算しておく

新居を購入する際や賃貸借契約を済ませる前に、出来れば引越しの見積もり相場をオンラインの一括見積もりサービスを利用して把握しておくことをお勧めします。なぜなら、新居が決まって引越しする段階になって、意外に引越し料金がかかると解った場合に予算の組み立てが難しくなるからです。事前にわかっていれば予算を用意することも出来るかも知れませんし、少し時期をずらさないと難しい場合もあるでしょう。特に賃貸借契約などで融通が利く場合は、予算に合わせて部屋を借りないと厳しいのですね。

引越しサービスのトラブルワースト3

引越しは安く済ませたいという希望が多いので、業者選びの際には料金に注目しがちですが、実際は引越しのトラブルになるワースト3として多いのが引越しスタッフの教育不行き届きから起こる荷物の破損、紛失や時間の遅れ、打ち合わせ不足などです。引越しの見積もり相場を調べる際に見積もりに来てもらったら、営業スタッフにしっかりと確認しておき、引越しの1〜2週間前には改めて確認を入れるなど、事前に注意が必要です。大手の料金体制の高さは、教育にかける費用が高いのも原因なのですね。

自分で出来る事は自分でする

日本中には大手から小さな引越し業者まで数多く存在しますが、引越し費用の相場はサービスの質に変ってくる物で、地域の差は大きくは無いようです。あるとしても微々たる物ですから、あまり気にしないでも良いでしょうね。